お知らせ・新着情報

2018/02/07
JAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
今年で8回目の出展となります。

今年は、3月8日~11日の4日間で開催。

中古艇ドットコムも例年通り、ボートショー会場にブースを出しております。
関東近辺の担当者も入れ代わりでブースに居りますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

ヤマハマイレディ2018/04/05更新

売却価格:75万円

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

船種 ヤマハ マイレディ (サイズ:25ft)
サイズ(船検証) 全長:7.09m 全幅:2.73m 全深:1.35m
登録年式 1994(平成6)年 製造年式
航行区域 限定沿海
船底塗装歴 あり
定員 8人 次回船検 本検査(2018年07月25日)
清水タンク容量 約20リットル 保管状態 陸上
取材 あり 出品エリア 香川(中四国)

エンジン関連

メーカー ヤンマー エンジン型式 1GM10
燃料種類 ディーゼル 搭載数 1基
船検証記載馬力 8馬力 / 3,400rpm(回転数) 推進機器種類 シャフト船
燃費/時間当り(参考) 燃料タンク容量 約25リットル
使用時間 395

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

コメント

今回ご紹介の艇は、ヤマハ マイレディー25ftの後期モデル(タイプIII)に当たる平成6年進水の艇です。コンパクトな25ftながらも個室トイレがあり天井も高く快適なモデルですが、量産プロダクト艇でコスト重視のため木部は最小限のシンプルな造りです。

進水から24年が経過していますので全体的にそれなりの痛みがあります。艇自体は致命的な問題はなく概ね良好ですが、快適に使うためには細部に少々手を入れる必要があると思われます。時間をかけてゆっくり修理しながら楽しめる方に向いていると思われます。

現在のオーナーさまは10年ほど前に中古で入手され、近隣のクルージングをメインに楽しまれていたそうですが、昨今は海に出る回数も減ったため売却されることになりました。

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

外観全体は概ね良好です。長期間の日焼けによるFRPの劣化はそれなりにありますが、大きな補修跡などは見受けられませんでした。

ハル周り

ハルのラインテープやマーキングは使用による小傷と経年劣化の日焼けがあります。実用上に問題はありませんが、補修再塗装を施せば大きく見栄えが良くなると思われます。

船底周り

船底部分も大きな補修跡も見られず概ね良好な状態を保っています。ハル部分の船底塗料はオーナーさまが入手された10年前に塗られていたもので、陸上保管ですのでその後に塗り直しはしていません。バラストキールとラダーは青色の船底塗料が上塗りされていますが、キール部分は部分的に錆が浮いていますので剥がして再塗装が必要と思われます。ペラはソリッドタイプの2枚羽で本来ならばペラクリンなどのプロペラ用塗料が塗られている部分も現在は船底塗料が塗られています。ジンクも取り替えが必要な時期です。係留保管を想定すると船底塗料は全体的に塗り直しが必要と思われます。

デッキ周り

デッキ周りのFRPや金具類は経年劣化による小さなクラックは見られるものの使用に際して問題になるような傷は見られませんでした。左舷側のアクリル窓は数カ所に割れがあり現在はコーキングで補修していますが、雨漏りの原因となりますので取り替えが必要です。右舷側の窓は大きな割れはありませんでした。

操船席周り

コクピット周辺はかなりシンプルです。燃料計とアワメーターは正常に動いています。アワメーターは395時間でした。プラスチモのコンパス以外は航海計器はありませんので、少し遠出するためには水深計やGPSやオートパイロットなどを追加する必要がありそうです。キャビンハッチのアクリル窓はこのまま使えそうです。

室内(全体)

キャビン内はコンパクトですが25ftとしては天井高も高く快適です。バウバース部分はセールなどの物置になっていました。シートは破れなど大きな傷は見られませんでしたが、中身のクッションは弾力が低下しています。棚をつけたり航海計器をつけたりといった特に目立つ室内偽装(改造)はなく、オリジナルに近い状態です。

ギャレー(キッチン)周り

カセットコンロ式のジンバルとフットポンプ式の小型のシンクは標準装備です。現在のオーナーさまは、お湯を沸かす程度しか使ったことがないそうです。

トイレ・シャワー周り

トイレは手動式です。狭いながらも個室トイレは便利です。

エンジン周り

エンジンは標準の1GM。数年前にヘッド周りを交換して現在は問題なく快調とのことですが、どの程度の修理交換だったかは詳しく聞いていませんので不明です。階段下のエンジンルームは開口部が広く手入れがしやすそうです。バッテリーも交換から3〜4年とのことです。

付属品

セールは、フルバテンメインセール(ダクロン)、レギュラージブ(ダクロン)、スピンの3枚です。新艇時の標準のセールセットです。メインセールはブームに常時取り付けられた状態でブームカバーで保護していますが、ブームカバー自体の痛みもあり、正直にいってそれほど良い状態とは言えません。取材時に展開はしていませんが、端の方の状態を見る限り使えなくはない、といったレベルです。できればメインセールは新調した方がいいと思われます。ジブセールとスピンは室内保管ですので、それほど痛みはないようです。ハリヤード類も日焼けによる劣化が進んでいますので、そろそろ交換が必要です。跡マストトップの風見の動きが良くないようですので交換が必要と思われます。

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!

[香川・愛媛エリア] DSS MARINE(ディーエスエスマリーン)

高松を拠点に香川・愛媛エリア全域を3名で担当しています。迅速に対応しますので、お気軽にお問合せください。

詳細はこちら>>

中国版是在这里