おすすめ艇のご紹介

お知らせ・新着情報

2018/02/07
JAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
今年で8回目の出展となります。

今年は、3月8日~11日の4日間で開催。

中古艇ドットコムも例年通り、ボートショー会場にブースを出しております。
関東近辺の担当者も入れ代わりでブースに居りますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

ベイライナー2858シエラ2018/08/10更新

売却価格:売却済み

真剣に購入を検討されている方には、価格は相談に応じます。

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

船種 ベイライナー 2858シエラ (サイズ:28ft)
サイズ(船検証) 全長:7.63m 全幅:2.96m 全深:1.74m
サイズ(実測値) 全長:9.8m 全幅:3.0m
登録年式 1998(平成10)年 製造年式
航行区域 限定沿海
船底塗装歴 あり
2ヶ月間だけ係留歴あり
定員 12人 次回船検 中間検査(2018年08月17日)
清水タンク容量 約120リットル 保管状態 陸上
取材 あり 出品エリア 神奈川(関東)

エンジン関連

メーカー マーキュリー社(米) エンジン型式 MCM D4.2L ディーゼル 220馬力エンジン
燃料種類 ディーゼル 搭載数 1基
船検証記載馬力 170馬力 / 3,500rpm(回転数) 推進機器種類 ドライブ艇
巡航速度(参考) 約25ノット 最高速度(参考) 約28ノット
燃費/時間当り(参考) 燃料タンク容量 約420リットル
使用時間 636時間

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

コメント

1998年(平成10年)国内新造進水登録のベイライナー2858シエラです。
この2858シエラは、28フィートの船体に、広いキャビンと大人数人が座れるスペースのフライブリッジ、立派なレーダーアーチを持ち、船外機艇からステップアップする方などが憧れる形だと思います。

また、このサイズにしてディーゼルエンジン一基掛けという非常に経済的な造りになっており、メンテナンスの際にも経済的に助かると思います。
それでいてスピードは、28ノット程度出るそうですので、動力性能も他の2基掛け艇と比較して見劣りしません。

今回の個体は、オーナーさまが非常に大事にされており、マリーナの方も「乗るよりも磨きに来ている事の方が多い」と笑いながらおっしゃっておりました。

現オーナーさまが昨年購入されてから、2カ月ほど係留歴がありますが、それまでは船底塗装も行われておらず、完全な上架艇だったそうです。
2カ月ほど係留保管しましたが、やはり船の事を考えて、上架保管出来る今のマリーナに移ったそうです。

この艇は、神奈川県横浜市のマリーナに上架保管してあります。
船台は、この先の船に使う可能性があるため、付属しませんが、もともとこの船の寸法と船底形状に合わせて作った専用設計ですので、船台が必要な方は、別途オーナーさまにご相談下さい。

動画を見る

ベイライナー2858シエラ 船底~ドライブ周り動画
ベイライナー2858シエラ ハル、ガンネル周り動画
ベイライナー2858シエラ デッキ周り動画
ベイライナー2858シエラ FB周り動画
ベイライナー2858シエラ 室内動画
ベイライナー2858シエラ エンジン始動~排水確認動画

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

ハル周り

ハルの上の方(ガンネルからラインテープの上辺りまで)は、大きなキズも無く、非常にキレイです。
位置的にラインテープ辺りに、離着岸時に付いたと思われる小キズは散在していますし、サイドのラインテープや後部方向のベイライナーのプラスチックの文字などに劣化や剥がれが見られるのと、船体後部方向のハル両サイドに付いている小さなメッキ部品の劣化など、細かい部分を見ると指摘すべき箇所はありますが、船齢を考えると悪くないと思います。

右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷後方 右舷後方 トランサムステップ トランサムステップ トランサムステップ 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷後方 左舷後方 トランサムステップ トランサムステップ トランサムステップ

ガンネル周り

ガンネルも年式の割りに大きな凹みや剥がれは見られず、状態はそれ程悪くありませんが、部分的に使用にともなうガンネル表面の小キズと、よく見ないと分からない程度のガンネルの曲がりなどは存在します。

左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 クリート 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷後方 後方 後方

船底周り

船底周りも、まだ一度しか船底塗装を行っておりませんので、凸凹も無く、状態は良好です。
現在、上架保管してあるせいで、部分的に以前の塗料が剥がれてしまっている箇所は見られます。
取材時に確認した限りでは、修復が必要なキズは一切船底に見られませんでした。

左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷後方 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷後方 右舷後方 右舷後方

デッキ周り

デッキ回りの状態もFRPの大きな欠けや割れはほとんど見られず、状態は悪くないと思います。(小さな欠けなどは部分的に見られましたが)

バウレール(前の手すり)なども目立つサビも無く、状態は良好です。
バウデッキサイドのクリートには、サビが見られました。

また、窓枠は塗料の剥がれが見られますが、普段はFBでしか運転しないとの事で、いつもウインドウカバーを付けていますので、窓枠の塗装剥がれは気になりません。

アフトデッキも取材時に確認した限りでは、ブカブカした箇所は無く、状態は良好でした。

左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 左舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 右舷側 左舷側

フライブリッジ

FBは、そこそこ広さがあり、大人が4人ほど座れるスペースがあります。
また、そのレイアウトも操船席を中心に配置されたような形になっており、皆で楽しいクルージングが出来そうです。
シートには、年式による劣化とそれなりの使用感が見られますが、(また小さなホツレは見られますが)修復無しにそのまま使用出来る状態です。
操船席から見易い位置にGPS魚探が装着されます。(取材時は外してありましたが)

現在操船は、FBのみとなっています。
購入時、ステアリングが少し重く感じたそうです。
その為、ステアリングワイヤーをFBとロアステーション用、両方とも新品に交換したそうですが、それでもステアリングが軽くならず、FBでしか操船しないオーナーさんは、ロアステーションのステアリングワイヤーを外してしまったそうです。
そのおかげでFBのステアリングは片手で簡単に回せるほど軽くなったそうですが、現在はロアステーションのワイヤーを外しているため、ロアステーションでの操船は出来なくなっております。
ただし、ワイヤーは簡単に付ける事が出来るそうですので、ロアステーションでも操船をしたい方は、簡単に繋げる事が出来るそうです。
重さに関しては、ご見学時にご確認下さい。

操船席周り

室内(全体)

キャビン内は、使い易いレイアウトとサイズで、マリーナステイにもピッタリな船です。
左舷側のソファーとテーブルの下の部分がベッドスペースになりますので、Vバースと合わせて、一家族が泊まれるスペースがあります。

購入時、木部の色がかなり褪せていたようですので、現オーナーさんが全て塗り直したようです。
またシート表皮にも破れがありましたので、黒いビニールレザーで張り直したようです。
木部塗装ももシート表皮の張り替えも、オーナーさまご自身で行っておりますので、さすがにプロのようにはいきませんが、キレイに出来ていると思います。

室内の壁や天井は全体的にキレイですが、室内左舷側後部の壁に多少汚れが見られました。

基本的に操船はFBで行いますので、GPS魚探はFBに液晶のモノが装備されていますが、旧いブラウン管のモデルがロアステーションにも付くそうです。
現オーナーさんが購入した際に付いていたそうですが、現オーナーさんは一度も使用せずに家で保管しているそうですので、使用出来るかどうかは不明です。(オマケとしてお考え下さい。)

またFBの項目にも記載しておりますが、現在FBのステアリングが重くなるのを嫌って、ロアステーションのステアリングケーブルを外してしまっております。
素人でもその場で簡単にはめることが出来るようですが、この状態ではロアステーションでのステアリング操作が出来ませんので、現時点では基本的にFBのみでの操船とお考え下さい。
FB単独、もしくはロアステーション単独でのステアリングケーブル接続の場合、ステアリングは片手で簡単に回るようですが、両方同時に繋ぐと少し重くなり、両手で操作する感じになるそうです。
重さはご見学時にご確認下さい。
相談した業者さんには、チルトシリンダーの調整で良くなるとお聞きしたようですが、未確認情報です。

室内(前方室・オーナーズルーム等)

ギャレー(キッチン)周り

トイレ・シャワー周り

個室のトレイ・シャワールームは、広さはそれほどではありませんが、十分な高さがあり、使い勝手は良いと思います。
現在、マリントイレは交換しようとして配管を外してしまった状態にあり、使用不可となっています。
ここの部分は、新しいオーナーさんが新しいトイレを付け替えて下さい。

エンジン周り

エンジンはマーキュリー MCM D4.2L ディーゼルエンジン1基掛けです。
船検証馬力は170馬力となっていますが、カタログスペックは220馬力だと思われます。

エンジンの始動性は良く、陸上でのエンジン始動では全く問題ありませんでした。
昨年の購入時(580時間の時)にもオイル交換などの油脂交換は行っているようですが、今年に入ってからもオイル&オイルフィルター・ベルト2本・インペラ・燃料フィルター・ドライブオイルを交換しているそうです。
エンジンルームのブロアは、購入した際から故障していたそうですが、新品のブロアは購入して保管してあるそうです。

取材時は試乗を行っておりませんので、ご見学時は試乗を含めてご確認下さい。
昨年購入した際に、ペラに多少歪みがありましたので、今年に入って新品ペラに交換しているそうです。

付属品

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!

[神奈川エリア] 景山(かげやま)

神奈川東部及び南部を中心に活動しております景山(かげやま)です。 まだ売却するか決めかねている際の問い合わせだけでも結構です。 お気軽にご相談下さい。

10月23日、都合により午後3時過ぎまで電話対応が出来ませんのでご了承下さい。

詳細はこちら>>