おすすめ艇のご紹介

お知らせ・新着情報

2018/02/07
JAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
今年で8回目の出展となります。

今年は、3月8日~11日の4日間で開催。

中古艇ドットコムも例年通り、ボートショー会場にブースを出しております。
関東近辺の担当者も入れ代わりでブースに居りますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

アメリカンマリングランドバンクス 2018/08/07掲載

売却価格:1,500万円

クラッシックボート名艇グランドバンクス

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

船種 アメリカンマリン グランドバンクス (サイズ:36ft)
サイズ(船検証) 全長:10.72m 全幅:3.86m 全深:2.44m
進水年月日 1990(平成2)年2月 製造年式
航行区域 限定沿海
船底塗装歴 あり
H30年春に実施
定員 12人 次回船検 本検査(2021年07月02日)
清水タンク容量 約300リットル 保管状態 係留
取材 あり 出品エリア 北海道(北海道・東北)

エンジン関連

メーカー ボルボ・ペンタ社 エンジン型式 TAMD 41
燃料種類 ディーゼル 搭載数 2基
船検証記載馬力 110.3馬力 / 3,250rpm(回転数) 推進機器種類 シャフト船
巡航速度(参考) 約10ノット 最高速度(参考) 約17ノット
燃費/時間当り(参考) 燃料タンク容量 約1,200リットル

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

備品情報

航海計器
・GPS魚探1
・オートパイロット
・コンパス
・アワーメーター
・燃料計
・タコメーター
外装品
・FBオーニング
・バウハッチ
・FB
・清水シャワー
・スピーカー
・航海灯
内装品
・冷蔵庫
・コンロ
・電磁調理器
・電子レンジ
・個室トイレ
・シャワールーム
・オーナーズルーム
・クルールーム
・クルー用ベッド
・アフトキャビン
装備品
・発電機
・エアコン
・マリンVHF
・インバーター(DC→AC100)
・複数バッテリー
・100Vコンセント
・サーチライト
備品
・船体カバー
法定備品
・ライフジャケット

コメント

平成2年新造進水登録のグランドバンクス36ftです。
前オーナーさまから平成21年に譲り受け、9年間使用された艇です。
オーナーさまの艇の使用状況は、クルージング。甲板が汚れる恐れがある釣りでの使用はなかったとのこと。航行スピードが出る艇ではございませんので、オーナーさまはエンジンの回転数を2000回転までと意識され、船体にダメージを極力出さない配慮をされていました。

この艇は、北海道の小樽港マリーナに係留保管してあります。
積雪から船を守るための雪囲い(購入当時は150万円)をプレゼントしますとのことです。

艇の整備状況ですが、前オーナー様から譲り受ける前、両エンジンともに使用時間が1000時間ほどで、オーバーホールされているとのことです。
船底の洗浄と塗装、エンジンの点検整備を毎年春ころに1度実施。今年の春は、エンジンオイル、エレメント及びインペラを交換されたとのことです。
今シーズンは5回ほど出航されています。(h30.7.31現在)

ご見学は可能ですが、必ずオーナーさまの立会いが必要ですので、事前にお申し出ください。

動画を見る

ボルボ・ペンタ社:TAMD 41 2基

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

デッキ部分のチーク材が油分が落ちてカサカサな状態になっていたり、サッシや手すりなどの木部の塗料が剥げていますが、船体外観においては、劣化や傷、汚れが年式ほどなく比較的綺麗だと感じました。


船首

・ウインドラス

・陸電コンセント


キャビン前部

・サーチライト

・拡声器スピーカー


後部デッキ

・温水、清水、海水の各水栓

・陸電コンセント

・セール


最後部

・スイミングステップ

・スイミングラダー

ハル周り

デッキ周り

フライブリッジ

フライブリッジは操船席、助手席の他、2人掛けシートが3つあり、最大で大人8~10人程が座れるスペースがあります。後部右舷側のシートは対面式で中央にテーブルを挟んでおります。
操船席の下ボックスにGPS魚探(SUMYUNG ENC NF-700 未使用)と船舶汽笛(ノボル電気製作所 SG-2120)が収納されていました。
左右足元にあるスピーカーのカバーが割れていました。
フライブリッジ上部に取り付けることができる日除けオーニングもお付けしますとのことです。

操船席周り

操船席にはUNIKASのオートパイロットが装備されています。エンジン計器の左側のアワーメーターが1721時間で止まっており、故障しています。右側は、2195時間で稼働中とのこと。

エンジンの燃料計2個が故障したため、1つを交換しています。もう1つは新品の計器がありますが交換していないとのことです。

アワーメーター(右) アワーメーター(左)

室内(全体)

キャビンの内装はふんだんにチーク材が使われています。全体的にツヤがあり年式のわりに綺麗な状態でした。また、前オーナーから購入(平成21年)してから、カーテンを全て交換(費用10万円ほど)しています。
ゲストシートはテーブルをL字に囲んでおり、大人3~4人が座れるスペースがあります。
ゲストシート後部にはエアコンの吹き出し口があり、夏場のステイも快適です。

室内(前方室・オーナーズルーム等)

バウバースは大人2人程が横になれるスペースがあり、トイレがあります。なお、前オーナーによってバウバースにあったエアコンを取り外しているとのことです。(前オーナーから艇を購入したのが平成21年)

床下

室内(予備室・クルールーム他)

後部のベットルームも装備充実です。出入口階段を降り、右舷側にトイレ兼シャワールームがあります。
左右にベットが置かれており、最後部に収納引き出しがあります。収納の一部が階段になり、後部デッキへの出入りが出来ます。
ベットルーム用のエアコンがありますが、配線がされていないとのことです。
※写真に載っていますオーナーさまの荷物は含まれません。

ギャレー(キッチン)周り

操船席の左舷側がギャレーでシンク、電磁コンロ、電子レンジ、冷蔵庫が装備されております。

トイレ・シャワー周り

前方室にトイレ、後方室にトイレとシャワーが設置されています。

前方室01 前方室02 前方室03 後方室01 後方室02 後方室03 後方室04 後方室05 後方室06 シャワー01 シャワー02 シャワー03 シャワー04 換気扇

エンジン周り

エンジンはボルボ・ペンタ社のTAMD41が2基搭載されています。前オーナーによって使用時間1000時間ほどでオーバーホールしているとのことです。(艇を前オーナーから購入されたのが平成21年)
さらに、H30年春にエンジンオイル、エレメント、及びインペラを交換されています。

航行速度は、もともと飛ばして走る船としてよりは、ゆっくり走るために設計されていますので、2000回転以上を超える回転数にはしないで使用していたとのことです。取材で試乗したときも、2000回転までしか回転数を上げて走行していません。

発電機は前オーナーからオーバーホールした発電機を譲り受けたのですが、配線工事がされていないこともあり、1度も使用していないとのことです。

備考書類/カタログ

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!

[北海道エリア] Sea Trip(シートリップ)

旭川市を拠点として、太平洋、日本海側及びオホーツク側を2人体制で対応します。売却や購入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

詳細はこちら>>

中国版是在这里