おすすめ艇のご紹介

お知らせ・新着情報

2018/02/07
JAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
今年で8回目の出展となります。

今年は、3月8日~11日の4日間で開催。

中古艇ドットコムも例年通り、ボートショー会場にブースを出しております。
関東近辺の担当者も入れ代わりでブースに居りますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

(株)マリンモーターNEO374 2018/12/24掲載

売却価格:88万円

軽ボートトレーラー付き

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

商品名 (株)マリンモーター NEO374 (サイズ:13ft)
サイズ(船検証) 全長:3.36m 全幅:1.44m 全深:0.69m
登録年式 2002(平成14)年 製造年式 2002(平成14)年
航行区域 限定沿海
船底塗装歴 なし
定員 4人 次回船検 中間検査(2020年02月28日)
清水タンク容量 保管状態 陸上
取材 なし 出品エリア 新潟(日本海側)

エンジン関連

メーカー スズキ(株) エンジン型式 DF15 01501F
燃料種類 4ストロークガソリン 搭載数 1基
船検証記載馬力 15馬力 / 5,700rpm(回転数) 推進機器種類 船外機
巡航速度(参考) 約15ノット 最高速度(参考) 約20ノット
燃費/時間当り(参考) 燃料タンク容量 約15リットル

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

備品情報

フィッシングギア
・ロッドホルダー
・イケス
備品
・トレーラー
法定備品
・法定備品(詳細未確認)

コメント

 県営マリーナにて陸上保管・稼働中のトレーラブルボート、マリンモーター社製専用トレーラー付きNEO374です。コンパクトで軽い船体は船外機の燃費も良く、カセドラルハル(逆山の字型の船底)によって静止安定性も優れていることから、ナブラを追うキャスティングゲームや近場のジギング、またアジやキス釣りなどのファミリーフィッシングにも使用可能です(セル始動・4スト船外機・イケス装備)。メーカー試乗艇を新古購入され、以降ワンオーナーです。年間の稼働回数は日本海エリアを中心に約20回程です。
 ガレージ保管の後、2年前からホームポートである県営マリーナで整備・保管・稼働しています。船体・船外機・トレーラー(船台)とも使用毎に清水を用いてフラッシング(潮抜き)されています。エンジンオイルやギヤオイル、点火プラグの定期交換も実施されています。また冷却水用のインペラもH30・10月に交換し、正常に作動しています。
 専用の軽規格トレーラーは灯火等の保安部品(一式付属します)を外した状態で船台としてマリーナ構内で使用されていますが、平成29年5月に新規車検(ナンバー)を取得しており平成31年5月25日まで有効となっています。船体と船外機、専用トレーラーの総重量は合計300kg程ですので、ヒッチメンバーを装備し950登録(連結検討確認)を取得した車両等であれば、船体を積載したトレーラーとして全国へ牽引移動可能です。
 船体・専用トレーラーとも年式相応の錆や退色はありますが、全体として丁寧に整備されていると思います。

<留意事項>
 船外機のエンジンオイルとギヤオイルはシーズン毎(年1回)に交換しています。船外機のカウル内燃料ポンプと点火プラグはH29・6月に新品に交換しています。冷却水用のインペラもH30・10月に交換済みです。船外機のリモコン操作部分について、現時点でステアリングワイヤーの固着はありませんが錆の予防のために定期的な保守(給油・洗浄)が必要です。また船外機と船体の保守消耗部品として「防蝕亜鉛(アノード)」「インペラ保守キット」「点火プラグ(DCPR6E)2本」「カウル内燃料フィルター」「船体ドレンプラグ(本体+予備)」「リモコン用スペアキー(セル始動)」をお付けします。
 専用軽規格トレーラーは塩害防止のため、本体の亜鉛溶解メッキに加えてフレーム全体に「亜鉛塗料」を塗布しています。ウィンチベルトとトングジャッキはH30・9月に新品交換済みです。船体を長持ちさせるために、陸上保管中は船尾のドレンプラグを開放し(航行前には必ずプラグを装備の事)、ビルジの排出と船体内部の水分除去に努めて下さい。
 専用軽規格トレーラーはマリーナ構内で船台として使用されています。車検は平成31年5月25日まで有効ですが、公道を走行するためには保安部品(一式付属します)を再び装着することが必要です。また安全な運行のために「トレーラーのハブやベアリングなどの重要箇所」は自動車整備士による定期整備を実施して下さい。トレーラーの運用には牽引車の準備(ヒッチメンバーの装備、連結確認等)が必要です。尚、トレーラーの写真にある「サイドサポート(ローラー)」と「トングハンドル」は付属しません。
 船体の写真にある魚探振動子(コード・端子も)のうち、左側の1個(ガーミン用)は付属しません。コンソール上部にある魚探スタンドも付属しません。また船検備品も付属しません。その他の装備品の有無についても写真掲載に関わらず、オーナー様の使用状態を優先いたします。

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!