おすすめ艇のご紹介

お知らせ・新着情報

2016/10/01
中古艇ドットコムはジャパンインターナショナルボートショー2017に出展します。
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2017に出展致します。
今年は、3月2日~5日の4日間で開催。

中古艇ドットコムは、ボートショー会場のほぼ中央辺りにてブースを出しております。
関東近辺の担当者も入れ代わりでブースに居りますので、お気軽にお立ち寄り下さい。
2016/06/22
ホームページをリニューアルしました
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

プレジデント445 2017/10/01掲載

売却価格:550万円

整備の行き届いた機関、清潔感ある豪華内装!希少物件です。

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

船種 プレジデント 445 (サイズ:45ft)
サイズ(船検証) 全長:11.95m 全幅:4.35m 全深:2.34m
進水年月日 1994(平成6)年2月 製造年式 1994(平成6)年
航行区域 限定沿海
20海里
船底塗装歴 あり
定員 13人 次回船検 本検査(2018年04月18日)
清水タンク容量 約1000リットル 保管状態 係留
取材 あり 出品エリア 高知(中四国)

エンジン関連

メーカー キャタピラー社 エンジン型式 3208TA
燃料種類 ディーゼル 搭載数 2基
船検証記載馬力 320馬力 / 2,600rpm(回転数) 推進機器種類 シャフト船
巡航速度(参考) 約18ノット 最高速度(参考) 約21ノット
燃費/時間当り(参考) 約120リットル
エンジン全開時
燃料タンク容量 約2,000リットル
使用時間 右:アワーメーター、2152時間表示 / 左:オーバーホール後、不明

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

備品情報

航海計器
・GPS魚探1
 FUSO FE-8
・魚探単体
 FURUNO FCV-581
・レーダー
 FURUNO 1941
・コンパス
・舵角メーター
・アワーメーター
・燃料計
・タコメーター
外装品
・ハードトップ
・エンクロージャー
・レーダーアーチ
・バウハッチ
・バウスプリッド
・トランサムステップ
・トランサムラダー
・トランサムゲート
・FB
・清水シャワー
・スピーカー
・航海灯
・チークデッキ
・デッキ下収納
・電動ウインチ
・ワイパー
 運転席側、欠品。
内装品
・冷蔵庫
・ギャレーシンク
・電磁調理器
・電子レンジ
・清水シャワー
・個室トイレ
・TV
・DVDプレーヤー
・シャワールーム
・オーナーズルーム
・クルールーム
・クルー用ベッド
装備品
・発電機
 オナン12K
・エアコン
・陸電システム
・100Vコンセント
・シャワーサンプ
・ビルジポンプ
・サーチライト
・デッキライト
フィッシングギア
・アウトリガー
・ロッドホルダーベース
・デッキウォッシャー
備品
・もやいロープ
・アンカーロープ
・フェンダー
法定備品
・法定備品(詳細未確認)
・アンカー
・ライフジャケット

コメント

取材艇は、平成6年2月(1994年)新造進水の、PRESIDENT-445(プレジデント-445)です。
プレジデントは中古市場で見かける事は少ないですが、高級感ある人気艇で、使用や経年変化からのヤレやキズは当然ありますが、手入れの行き届いた艇だと感じました。
キャビン内も広く高級感があり、使い易いレイアウトが魅力で、キャビン前方には、キャプテン用・ゲスト(クルー)用のスペースがあり、シャワー・トイレも備え付けて、ゲストを招いてのマリーナスティ等にもお使い頂けます。

紹介する艇は、新艇から約23年を迎えますが、現オーナー様が購入されてからは、定期的なメンテナンスも行なわれ、年式からみると全体的にキレイな艇だと思います。
ただ、ゲルコートにクモの巣状のクラックがあったり、コーキングで補修されている部分も数箇所ありましたので、ピカピカにされたい方は少し手直しをされると更に見違えると思います。

[最近の大掛かりな(多額の費用を投じた)メンテナンス]
平成25年頃:左エンジンを艇から降ろしてオーバーホールされたそうです。(約600万円)
平成29年:右エンジン、オナン(ジェネレーター)を整備されたそうです。(約200万円)
平成29年5月:フライングブリッジのエンクロージャーを新品に交換されたそうです。(約85万円)
平成29年9月:フライングブリッジのGPS魚探(FUSO FE-8_LG)を新品取り付けされたそうです。

[オーナーさんが使わないので特に修理をしていないNG箇所]
給湯器が使えません。
一階の操縦席の運転席側のワイパーがありません。


見学、試乗につきましては事前にお問い合わせの上お願い致します。
ご理解と、ご協力をお願い致します。
ご試乗の際は冷やかし試乗防止と燃料代として10,000円のご負担をお願い致します。
ご成約の際には当然、販売価格より差し引かせて頂きます。

注1)日本国外への販売につきまして。
外国との直接の取り引き、書類作製、輸出手続きは当方では出来ません。
お問い合わせにつきましても、日本在住の知識のある、通関業者さん、バイヤーさんに依頼して下さい。
円滑なお取り引きをする為の手段に、ご理解とご協力をお願い致します。

注2)日本国内のお客様に関しましても。
完璧や専門的な知識を要する質問、商品説明に関しましても対応できない部分が多くあると思います。
この度の出品に関しましても個人売買と云う取り引きの特性上、艇の特性上からも所有者様も全てを完璧に把握できている状態ではありません。
特に機関に関しましては、多額の費用も投じて整備、メンテナンスも行なっておりますが、購入希望者様が知識をお持ち、もしくは業者(メカニック)さんに同行して頂き粗探しをして頂くことも大歓迎ですので、積極的にご見学にお越し頂き、ご自身の目で現物を見て頂き納得して頂ければ幸いと思います。
ご理解とご協力をお願い致します。

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

外観程度:船体・ハルの状態は、年式を考えれば全体的に通常使用時・係留時に付いたと思われるすり傷・小キズ・汚れ・色褪せ箇所があり、スリ傷・小キズを補修塗りされているところもあります。
釣り・クルージングに支障となる大きな傷・修理跡は見当たりませんし、外観の状態は年式相応とお考え下さい。
船底の状態は、船底塗装はあり、使用に伴う、キズ等はあるそうですが、航行に支障になる程ではないそうです。
デッキの状態はフワフワした所も無く、シッカリしており、ノンスリップもありますが、表面にクモの巣状の薄いクラックが入っている個所もあります。
アフトデッキのチークもキレイな状態で雰囲気があります。

ハル周り

デッキ周り

フライブリッジ

フライブリッジ:操船し易い設計になっており、計器類も正常に作動しているそうです。
FB操船席、ゲスト用シートがありスペース的には大人6人が快適に座れる広さ、シートがあります。
白いシートの特性上、多少の汚れはありますが特に目に付く破れ箇所などは見当たりませんでした。
エンクロージャーの装備されております。
29年5月に新品に交換されていますのでキレイで快適です。

操船席周り

操舵席:フロントガラスも広くクリアで視界も良好で、回転計・水温計等のメーター類も正常に作動しているそうですが、操船は専ら、2階のブリッジで操船されているそうです。

室内(全体)

キャビン内:全体的に大変キレイな状態で装備も充実しております。
なんと言っても、プレジデントは内装でしょう。
テーブルを囲み、コの字型のソファー・ベンチが配置されており、一段下がったスペースには、キッチンスペースがあり、ここにも、テーブル、ソファーがあり、家庭用冷蔵庫、電子レンジ、電子コンロも完備されております。
45フィートクラスのキャビンスペースとは思えない位の広さと快適性を兼ね備えております。
余談ですが、実際に座って書類を書いたり、オーナーさんと雑談をさせて頂きましたがソファーの座り心地も凄く良いです。
更に前方の右側のドアを開ければ、電動マリントイレ・洗面台・シャワールームがあります。
キッチンスペースの右側には個室の2段ベット室があり、ゲスト、クルーの方々も快適に過ごせそうです。
各スペースは、私物も殆ど置かれておらず、キャビン内は禁煙との事で清潔感があり、キレイな状態が保たれており、好感が持てます。
エアコンに関しまして、マリンエアコンを装備されていますが、操縦席側のコンプレッサーがダメになり修理も検討されたそうですが、家庭用エアコンを取り付けた方が、エアコンの効きも良く今後の事を考えても良いのではないかと、操縦席のあるスペースは家庭用エアコン、キャビン前方室はマリンエアコンの2系統のエアコンシステムになっております。

室内(前方室・オーナーズルーム等)

ギャレー(キッチン)周り

トイレ・シャワー周り

エンジン周り

エンジン:キャタピラー 3208TA 最大出力375馬力(船検上320馬力)ディーゼルエンジン シャフトの2基掛けです。
約5年前に中古購入されて、実際に使い始めると不良箇所が幾つか見つかり、業者さんに相談しながら安心して使用できる状態に費用と時間を掛けて修理、メンテナンスも行ないながら現状を維持されているそうです。
上記にあるように、多額の費用を投じて整備されております。
艇の特性、中古機械物ですので無責任なコメントや保証はできませんが、現状、不安は無いそうです。
オーナー様とのお話では感覚的に、絶対に壊れないとか、完璧を求められる方では無く、自身も気になっている部分などは、その都度、修理もしてきたし、大掛かりな部分は略、やっているので、これから先、修理が必要になった場合は、維持管理費や艇で遊んだ分の償却と考えて頂ながら3年先、5年先と見据えて、その際に幾らで乗り換えや処分が出来るかなど道楽遊びに、ご理解のある方にお譲りできたらとのお話でした。
あと、燃費に関しましては全開航行した場合は時間当たり120リットルの燃料を消費する計算されているそうです。
120リットルと聞くと、かなりの燃費だと錯覚しますが、1基当りで考えれば時間当たり60リットルですので納得も出来ます。
自分の艇は燃費も良く走りも良いと豪語される所有者様も多くお見かけいたしますが、決して良いとは言えない燃費をキッチリ、お話して頂いたりしていると、私の個人的主観ですが、オーナー様のこの艇に対する愛情も感じられました。

その他、装備品(発電機・エアコン他)

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!

[高知・愛媛エリア] 藤原(ふじはら)

藤原、萩野の2名体制で高知県、愛媛県の全域を担当させて頂いております。 艇の売却、処分をお考えの方は一度、ご連絡を頂けましたら幸いです。

詳細はこちら>>

中国版是在这里