おすすめ艇のご紹介

お知らせ・新着情報

2016/10/01
中古艇ドットコムはジャパンインターナショナルボートショー2017に出展します。
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2017に出展致します。
今年は、3月2日~5日の4日間で開催。

中古艇ドットコムは、ボートショー会場のほぼ中央辺りにてブースを出しております。
関東近辺の担当者も入れ代わりでブースに居りますので、お気軽にお立ち寄り下さい。
2016/06/22
ホームページをリニューアルしました
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

岡崎造船ワンダラーⅢ 2017/10/12掲載

売却価格:168万円

岡崎造船木造船の世界1周艇です。

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

船種 岡崎造船 ワンダラーⅢ (サイズ:30ft)
サイズ(船検証) 全長:8.10m 全幅:2.75m 全深:1.55m
進水年月日 1970(昭和45)年8月 製造年式
航行区域 その他
船底塗装歴 なし
定員 8人 次回船検 中間検査(2018年05月19日)
清水タンク容量 保管状態 係留
取材 あり 出品エリア 長崎(九州)

エンジン関連

メーカー ヤンマーディーゼル エンジン型式 2QM
燃料種類 ディーゼル 搭載数 1基
船検証記載馬力 8馬力 / 1,800rpm(回転数) 推進機器種類 シャフト船
使用時間 2461

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

コメント

★今回ご紹介する艇は1969年(昭和44年)製造の岡崎造船チーク艇です。

岡崎造船 木造船第1号艇で最初の船名は(ひねもすⅡ)世界1周を目的として作られた艇だそうです。
※昭和45年10月17日出港、昭和48年11月3日帰港

全長9.08m 設計はローレントジャイルス(英国) ワンダラー級(エリック ヒスコックワンダラーⅢの改良タイプ)です。

出品理由 乗り換えの為今回の出品と成りました。

今後も木造船を愛して頂ける方に購入して頂きたいそうです。
※私物等は下ろされます。
※特殊な艇に成りますので詳細はご見学時にお願いします。

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

外観は歴史を感じるようなシックな艇です。
最近乗られてない為船底に藻の付着が見られました。

デッキ周り

デッキ周りは年式による痛みは有りますが、船齢の割には手入れがされている様に感じました。

室内(全体)

進水から48年経っておりますので船齢による傷みは有ります、しかし主観ですが不衛生な感じはしませんでした。

エンジン周り

エンジン本体はサビが見られます。
エンジン型式 ヤンマーディーゼル 2QM 8馬力 1800回転 1基搭載です。
※今回の取材で試乗等は行なっておりません、機関等の確認はご見学時にお願いします。

備考書類/カタログ

動画を見る

岡崎造船木造船 外観動画

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!

[福岡・佐賀・大分エリア] 石山(いしやま)

佐賀 福岡 大分 熊本 長崎を担当しています石山(イシヤマ)

詳細はこちら>>

中国版是在这里