お知らせ・新着情報

2019/02/09
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2019に出展致します。
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2019に出展致します。
今年で9回目の出展となります。

今年は、3月7日~10日の4日間で開催。

中古艇ドットコムも例年通り、ボートショー会場にブースを出しております。
売るかどうか迷っているので、話だけ聞いてみたい、、、そんな感じでも大歓迎です。

関東近辺及び中部・関西の担当者も入れ代わりでブースに居りますので、お気軽にお立ち寄り下さい。
2018/02/07
JAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
今年で8回目の出展となります。

今年は、3月8日~11日の4日間で開催。

中古艇ドットコムも例年通り、ボートショー会場にブースを出しております。
関東近辺の担当者も入れ代わりでブースに居りますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

ヤマハFG-40(E2P-A) 2019/03/07掲載

売却価格:3,200万円

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

商品名 ヤマハ FG-40(E2P-A) (サイズ:40ft)
サイズ(船検証) 全長:11.00m 全幅:2.79m 全深:0.92m
サイズ(カタログ値) 全長:12.50m 全幅:3.15m
登録年式 2016(平成28)年 製造年式 2016(平成28)年
航行区域 限定沿海
小型沿海5海里
船底塗装歴 なし
定員 12人 次回船検 中間検査(2019年07月20日)
清水タンク容量 約10リットル 保管状態 陸上
取材 あり 出品エリア 茨城(関東)

エンジン関連

メーカー ボルボ エンジン型式 D9-575
燃料種類 ディーゼル 搭載数 1基
船検証記載馬力 575馬力 / 2,500rpm(回転数) 推進機器種類 シャフト船
巡航速度(参考) 約30ノット 最高速度(参考) 約36ノット
燃費/時間当り(参考) 燃料タンク容量 約600リットル
使用時間 706

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

備品情報

航海計器
・フルノNAVNET
 NAVNET TZ レーダー・GPS・漁探
・オートパイロット
 マノール
・コンパス
・舵角メーター
・電子スロットル
・2ステーション
・操舵リモコン
・アワーメーター
・燃料計
・タコメーター
外装品
・バウハッチ
・バウスプリッド
・防水スピーカー
・航海灯
・手動ウインチ
・スパンカー
内装品
・個室トイレ
・キャビンライト
・オーナーズルーム
装備品
・エアコン
・マリンVHF
・インバーター(DC→AC100)
・アイソレーター
・複数バッテリー
・ビルジポンプ
・オートビルジポンプ
・ステレオ
・バウスラスター
・サーチライト
・デッキライト
フィッシングギア
・ロッドホルダーベース
・イケス
・デッキウォッシャー
・スパンカー
・ソナー
 KODEN KDS6000BB
備品
・もやいロープ
・アンカーロープ
・フェンダー
法定備品
・法定備品
・アンカー
・レーダーリフレクター

コメント

今回ご紹介する艇は、新造進水 平成28年4月 ヤマハFG-40(E2P-A)
エンジン ボルボD-9-575 575馬力×1基  使用706時間 
最高速力39㌩ 巡航速度36㌩ 高年式で使用時間も少なく、慣らし運転も終了し当たりも出、ベストコンデションと思われます。

サイドビューに映えるグラフィック、ブリッジデザインを引き締めるピラーカバーの採用など、新たなイメージを携えた船体に、最大出力575馬力のハイパワーディーゼルを搭載。
分自身の釣りにこだわりたい。
攻めの釣行をめざしたい。
そんなオーソリティに向けた会心の一艇、FG-40 。外洋タイプのヤマハ漁船、DYシリーズの血統を受け継いだ揺るぎない安定性・凌波性能。高出力ボルボ・ペンタマリンディーゼル(575ps)と高速船型のコンビネーションによる逞しいスピード性能。釣りのスタイルに合わせた艤装がしやすい設計など、釣船としての基本性能を高いレベルで実現しています。
また、キャビン内の静粛性を飛躍的に高めるフローティングブリッジの採用により、長距離の釣行にも快適な室内空間を実現しています。

室内全体
釣船としてのこだわり、快適な居住空間もそのひとつ。
横フローティングブリッジが走行時のエンジン音や振動を抑え、快適な操船が行えます。また、アイポイントの高いドライバーズシート(ダンパー式)により、良好な視界を確保しました。ダッシュボードにはスポーティなメーターや機能性の高いディスプレイをレイアウト。さらに、航海計器(12インチクラス)3台の設置スペースを設けています。

ガラス面積を広く確保した、全周アルミサッシの明るいインテリアです。
背もたれ付きのベンチシートセットを両舷にオプションで設置(右舷取付:幅650mm×1セット、左舷取付:幅650mm×2セット可)。フィッシングスタイルに合わせた、自在なアレンジが可能なキャビンです。

バウキャビンはタックルや備品の収納に充分な広さを確保しました。キャビンクッション(オプション)をセット、潮待ちの休憩や仮眠スペースとして利用できます。
但し、仮眠スペース・小物の保管に利用致して居ります。

電動マリントイレを標準装備。強制換気装置やルームライトもセットされています。
女性の乗船にも安心な、独立したトイレルームです。

全周機能性。釣りの本質を求めて生まれたカタチ。
バウデッキは横幅を広げたフラットなデッキスペースです。ブリッジ横の通路幅も450mmと広く確保しました。ブリッジ前の第2物入れはイケススカッパー(オプション)の装備で大型のイケスとしても機能し、大漁の釣果に応えます。
さらに、オプションでアンカー用の電動ウインチも用意。ブリッジ前方左舷には油圧ウインチの搭載を考慮した設置スペースを設けています。

スターンデッキ フラットで広いスペースに、釣り機能を満載しました。ブリッジ後方には充分な水深のイケスを装備。備品を収納する物入れも大容量を確保しています。さらに、デッキウォッシュやイケス排水が可能な、雑用水ポンプをオプションで用意。スターンデッキ周囲にめぐらせたエサ棚は仕掛けの整理にも便利です。また、ガンネルは埋め込み式ロッドホルダーなどのオリジナルな釣り艤装に応えるオープンタイプ。スパンカーの設置も考慮されています。

系統操船システム(オプション)
釣り場での操船が、スターンデッキで行える、ステアリングとエンジンリモコンをブリッジ後部(右舷)にオプションで用意しました。また、電子トローリングシステム(オプション)は、狙ったポイントを確実にキープ・トレースし、流し釣りに威力を発揮します。

ブリッジ 釣船のイメージを一新するヤマハならではのエクステリアデザイン。
全周アルミサッシ窓を採用した精悍なブリッジです。キャビンへの出入りがスムーズな大型スライドドアはコックピットからの後方視界を広く確保。また、ブリッジルーフ上には航海灯マストをオプションで用意しました。

エンジンルーム 最大出力575馬力のボルボ・ペンタマリンディーゼルD9-575を搭載しました。
抜群のスピード性能と経済性を両立させたパワーユニットです。ブルワークベンチレーターの採用により、エンジンルーム内の突起をなくしました。さらに、コックピット横に、エンジン前方の動力取り出しスペースへのアプローチハッチを設け、メンテナンスが容易になりました。
メンテナンスは、マリーナお抱えサービスマンが一括メンテを行って居ります。

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

ハル周り

ガンネル周り

船底周り

デッキ周り

操船席周り

室内(全体)

室内(前方室・オーナーズルーム等)

トイレ・シャワー周り

エンジン周り

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!