お知らせ・新着情報

2019/02/09
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2019に出展致します。
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2019に出展致します。
今年で9回目の出展となります。

今年は、3月7日~10日の4日間で開催。

中古艇ドットコムも例年通り、ボートショー会場にブースを出しております。
売るかどうか迷っているので、話だけ聞いてみたい、、、そんな感じでも大歓迎です。

関東近辺及び中部・関西の担当者も入れ代わりでブースに居りますので、お気軽にお立ち寄り下さい。
2018/02/07
JAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
中古艇ドットコムは、毎年恒例のJAPAN INTERNATIONAL BOAT SHOW 2018に出展致します。
今年で8回目の出展となります。

今年は、3月8日~11日の4日間で開催。

中古艇ドットコムも例年通り、ボートショー会場にブースを出しております。
関東近辺の担当者も入れ代わりでブースに居りますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

アキレスHB-420 2019/05/10掲載

売却価格:30万円

船体価格200万以上するゴムボートの中古。船外機は40馬力。

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

商品名 アキレス HB-420 (サイズ:14ft)
サイズ(船検証) 全長:3.78m 全幅:1.86m 全深:0.72m
サイズ(実測値) 全長:4.2m 全幅:1.86m
年式不明 製造年式
航行区域 沿海
船底塗装歴 なし
定員 6人 次回船検 本検査(2019年10月06日)
清水タンク容量 約0リットル 保管状態 陸上
取材 なし 出品エリア 北海道(北海道・東北)

エンジン関連

メーカー スズキ エンジン型式 DT-40
燃料種類 2ストロークガソリン 搭載数 1基
船検証記載馬力 40馬力 / 5,300rpm(回転数) 推進機器種類 船外機
巡航速度(参考) 最高速度(参考) 約30ノット
燃費/時間当り(参考) 燃料タンク容量 約24リットル
使用時間 不明

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

コメント

救助艇に使用されるほどタフな造りのゴムボートHB-420とトレーラーのセットの出品です。トレーラーはナンバーがなく、マリーナ内での使用にとどまっていました。なお、車体の関係書類はありません。
オーナーさまは3年前に個人売買で購入され、今回は他ホビー品に買い替えのため売却となります。
※2019.5.15 写真及び動画を追加しました。

船 体 

船体はCSMゴムとナイロンでできており軽量です。船底はFRPでできているため耐久性が高く、高速性と波切り性能を向上させたハイパフォーマンスボートです。
購入後オーナーさまご自身でメーカーから取り寄せたボンドを使用し、ナイロンのつなぎ目を補修しています。今まで明らかなエアー漏れはなかったとのことです。

年式が古いため全体的に汚れやスレがみられます。トランサムと船体布部分に一部剥がれがみられますが、航行には支障のないレベルと思われます。

エンジン

エンジンは年式経過したスズキの2スト40馬力が付いてます。年式が経過したものですが大きなエンジントラブルはなく、セルにていつも一発始動とのことです。なお、トラブルはプラグの被りや焼け付け程度。オーバーホールはしていません。
ゴムボートには珍しいハンドル付きステアリングが設置されており、計器類は正常に作動します。

トレーラー

車体の関係書類がないので、ナンバーの再取得は困難と思われます。

使用状況

船検証の船舶情報によると進水年月が平成12年5月。オーナーさまによると,3年前に個人売買で購入されて以降、年10回程度使用、1日で洋上2時間、エンジンの洗浄で20分程度エンジンを起動されていたようです。
ボートの使用目的は、湾内での釣りです。エンジンメンテナンスは、使用後洗浄とプラグのチェック程度。シーズン前にはギアオイルを交換して、ケミカル品でキャブ内の清掃をされていたとのこと。
保管状態は、10月〜5月までガレージ内、シーズンはカバーをかけて屋外保管です。

オーナーさまからのコメント

5〜9.9または15馬力のゴムボートを現在乗っている方におすすめしたいです。
ゴムボートの欠点は、電動で空気を入れるのに時間がかかること、スピードが遅いこと、15馬力ならプレーニングするまで危ないこと、プニョプニョして安定せずその場に立てないこと、船外機で運転するので前が見づらいことがあげられます。しかしこのボートは、停泊中ハルに水がたまり、それがウエイト様の役目をするので安定します。その状態で走行するとハルから水が抜ける設計なのでプレーニング現象も起らずスーっと最高速度に持っていけます。ここが救助艇の良いところだと思います。
ボートを膨らます時も足踏みハンドポンプで50回くらいで膨らみます。これはゴムボート乗りにはストレスが少ないです。このハルの軽さと2サイクル40馬力のエンジンは、はっきりと言って速いです。
ハンドルとリモコンがあることもポイント。容易にボート内を移動でき、立って釣りができます。

動画を見る

エンジン始動の動画①
エンジン始動の動画②
船外機 ハンドル操作(左右に舵取り)とチルトダウン・チルトアップの動画
船体の膨張を防止するため、保管時は空気量を半減。エア入れ動画

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

年式が古いため全体的に汚れやスレがみられます。トランサムと船体布部分に一部剥がれがみられますが、航行には支障のないレベルと思われます。

ガンネル周り

船底周り

デッキ周り

操船席周り

エンジン周り

付属品

3年前ボート購入時に付属した魚群探知機(1度も使用していないため操作チェックしていません。)、2サイクル用オイル1缶及び新品プラグ4本を差し上げます。

備考書類/カタログ

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!

[北海道エリア] Sea Trip(シートリップ)

旭川市を拠点として、太平洋、日本海側及びオホーツク側を2人体制で対応します。売却や購入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

詳細はこちら>>