お知らせ・新着情報

2020/03/07
「部品・用品」のリンクを修正しました。
「部品・用品」のリンク先が間違っていましたので修正しました。
今まで部品・用品をチェックしようとして見えなかった閲覧者さま、大変失礼致しました。
2020/01/10
新着掲載艇情報欄を拡大しました。
出品の多い時期ですと、一日に何艇も新着情報に掲載されるので、出品したばかりの船がすぐに新着情報から消えてしまっておりました。
以前より、もう少し長く新着欄に新着艇の情報を掲載出来ないかとのご要望をいただいておりましたので、新着掲載艇情報欄を拡大致しました。

ヤマハY-31コンバーチブル 2021/10/08掲載

売却価格:1,100万円

装備充実の艇で釣りやクルージング、マリーナステイしませんか?

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

商品名 ヤマハ Y-31コンバーチブル (サイズ:31ft)
サイズ(船検証) 全長:9.55m 全幅:2.85m 全深:1.11m
進水年月日 2003(平成15)年4月28日 製造年式 2003(平成15)年
航行区域 限定沿海
(25海里)
船底塗装歴 あり
(令和3年2月実施済)
定員 12人 次回船検 本検査(2023年10月03日)
清水タンク容量 約100リットル 保管状態 係留
取材 あり 出品エリア 宮城(北海道・東北)

エンジン関連

メーカー ヤマハ エンジン型式 SX421KM
燃料種類 ディーゼル 搭載数 2基
船検証記載馬力 215馬力 / 3,683rpm(回転数) 推進機器種類 シャフト船
巡航速度(参考) 約20ノット 最高速度(参考) 約30ノット
燃費/時間当り(参考) 燃料タンク容量 約500リットル
使用時間 右:1833 / 左:1848

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

備品情報

航海計器
・GPS魚探1
 (YAMAHA VFRⅡ121-FC 2台)
・レーダー
 (KODEN)
・オートパイロット
 (Raymarine)
・電子スロットル
・操舵リモコン
 (前後進のみ)
・GPS魚探(キャビン)
 (GARMIN GPSMAP1222xsv)
・GPS魚探(デッキ)
 (GARMIN GPSMAP8410xsv)
・GPS魚探(FB)
 (GARMIN GPSMAP922xsv)
外装品
・FBオーニング
・トランサムステップ
・トランサムラダー
・トランサムゲート
・FB
・清水シャワー
・スピーカー
 (BOSE)
・電動ウインチ
・トリムタブ
 (油圧式)
・ソーラーパネル
内装品
・冷蔵庫
・ギャレーシンク
・電子レンジ
・清水シャワー
・個室トイレ
・TV
・DVDプレーヤー
 (carrozzeria DVH-P540)
・製氷機
・カラオケ機材一式
・オーブントースター
装備品
・発電機
・エアコン
・マリンVHF
 (ICOM)
・インバーター(DC→AC100)
・陸電システム
・100Vコンセント
・デッキライト
フィッシングギア
・アウトリガー
・ロッドホルダー
・電動リールコンセント
・イケス
・デッキウォッシャー
・ファイティングチェアー
・集魚灯
 (LED灯)
法定備品
・法定備品

コメント

2003年進水のY31コンバーチブル(31フィート)の紹介です。

現オーナーさんは平成28年に購入しました。その後、大規模なメンテナンスを実施し乗り始めたそうです(詳細の画像あり)。
その後は、現在まで大きなエンジントラブルや不具合もなく経過しているそうです。

とても気に入り購入された艇でありましたが、なかなか乗船する機会も少なく大事に乗り継いでくれる方がいらっしゃっればとお譲りする事となりました。


各部の状態や写真は下記にてご覧ください。


また、オーナーさんは多忙である事から、前向きに購入を検討している方のみ見学対応させて頂きますので宜しくお願いします。

動画を見る

ヤマハY31コンバーチブル(外観~デッキ周り)
ヤマハY31コンバーチブル(キャビン周り)
ヤマハY31コンバーチブル(エンジン始動)
ヤマハY31コンバーチブル(アイドリング高回転)

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

【外観】 
多少のキズや色あせがありますが、ひどいものはなく特に気にならない程度です。磨きを掛ければきれいになると思われます。
今すぐ補修するような大きな傷みや破損は見られませんでした。

船底塗装は令和3年2月末に実施済みです。

FBシールドカバー使用時 アウトリガー収納① アウトリガー収納② アウトリガー収納③ アウトリガー収納④

デッキ周り

【デッキ周り】 
海上係留の為、全体的に汚れや小キズ、若干の色褪せ等がありますが気になるものではありません。
バウ・アフトデッキの移動は、ブルワークに高さがありハンドレールもしっかりしているので容易に可能です。

ガーミンのGPS魚探はタッチパネル式となっています。
幅広いトランサムステップが付いており、その左右にはガーミンの振動子がセットされています(右:水深浅め、左:水深深め用)。使用時は海中に入れて使用します。
アフトデッキで使用する電子リモコンは前進後進のみ可能です。
アウトリガー一式、ファイティングシートが設置してあります。
電動リール用電源は左右2箇所に設置です。
循環式イケス(間欠給水式)が備え付けられていますが、配線が外れている為使用時はメンテナンスが必要です。
陸電ケーブル付いています。

タッチパネル式 電子リモコンは前進後進のみ 陸電用コード 電動リール用電源 水深浅め用 水深深め用 使用時は水中に入れる

フライブリッジ

【FB】
通常時の操船は、眺めの良いフライブリッジでしているそうですので、舵やレバー計器類など問題なく使用可能です。
ガーミンのGPS魚探はタッチパネル式となっています。
ウインドシールドの視界は良好です。
大型のフライブリッジは定員4名です。

前後の座席とオーニングの通常使用は可能ですが、生地にはカビしみが見られていました。


FB側面にはLED集魚灯が設置されています。
FB後方とオーニング上には、ソーラーパネルがあり、常時それぞれのバッテリーへ充電されているそうです。

操船席周り

【操船席周り】
操船席には、備え付けの計器類の他、ガーミン製のGPS魚探(デッキ、FBのパネルと連動)、オートパイロット、陸電や発電機の配電盤などが配置されています。
発電機は問題なく作動していました。
緊急時用の火災警報、浸水警報、無線が備え付けられています。

左エンジンアワー 右エンジンアワー 発電機は問題なく作動します。

室内(全体)

【キャビン(室内)】 
キャビン内は、フローリング仕様の木目調でおしゃれな空間でした。また、遮光のカーテンも窓全面に設置されていました。
室内は、ソファーテーブルが配置され、ギャレーと冷蔵庫その他各種家電品が装備されています。
土足厳禁で禁煙でしたので、生活臭など匂いも気になりません。

船舶用エアコンが装備されていますが、家庭用エアコンが追加で設置されていました。
モニターは、テレビとGPS魚探を切り替えて使用することが可能です。

モニター① 冷蔵庫 エンジンルームへ モニター②

室内(前方室・オーナーズルーム等)

【バウバース】
大人数名が余裕で横になれる広さがあります。
バウバースまでの通路脇には、電子レンジ、製氷機、ケトルなど家電が設置されていました。
カラオケも備え付けられていますので、皆さんと盛り上がって楽しむことが出来ます。

トイレ・シャワー周り

【トイレ】
個室トイレはウォッシュレット(清水)が完備されています。

エンジン周り

【エンジン周り】 
ヤマハ製SX421KM(N531型)・ディーゼルエンジン215馬力が2基搭載されております。
現在のアワメーターは左舷1,848時間、右舷1,833時間です。艇を購入した時のアワーメーターは、左右ともに約1,700時間程度だったそうです。
令和3年2月オイル交換など一般的なメンテナンスと全般点検を実施しているそうです。

発電機、船舶用エアコン、インバーターなど配置されています。

クルーザー用エアコン(奥の白いもの) 発電機 手前ガーミン用メイン振動子 キャビン内から① キャビン内から② キャビン内から③ キャビン内から④

備考書類/カタログ

オーナーさまご提供写真

【オーナー様提供】
平成30年の修理明細です(タービン関係、ミッションクラッチ関係その他)。
現在も、大きなトラブルも無く快調な状態です。

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!