おすすめ艇のご紹介

ヤマハ PC41

1,480万円

お知らせ・新着情報

2020/03/07
「部品・用品」のリンクを修正しました。
「部品・用品」のリンク先が間違っていましたので修正しました。
今まで部品・用品をチェックしようとして見えなかった閲覧者さま、大変失礼致しました。
2020/01/10
新着掲載艇情報欄を拡大しました。
出品の多い時期ですと、一日に何艇も新着情報に掲載されるので、出品したばかりの船がすぐに新着情報から消えてしまっておりました。
以前より、もう少し長く新着欄に新着艇の情報を掲載出来ないかとのご要望をいただいておりましたので、新着掲載艇情報欄を拡大致しました。

ヤンマーオキカゼ ZG37A32011/05/27更新

売却価格:売却済み

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

商品名 ヤンマー オキカゼ ZG37A3 (サイズ:37ft)
サイズ(船検証) 全長:8.96m 全幅:2.50m 全深:1.02m
登録年式 1996(平成8)年 製造年式 1996(平成8)年
航行区域 沿海
船底塗装歴 あり
定員 12人 次回船検 中間検査(2011年12月15日)
取材 あり 出品エリア 静岡(中部)
注意事項 見学ご希望の方はメールかお電話にてお問い合せ下さい。
また、オーナーさんご多忙の為、 購入を前提にした方のみご見学お願いします。

中古艇ドットコムは個人売買となりますので、お約束をお守りいただけない方や、態度の悪い方は、オーナーさんの方よりお取り引きを、お断りさせていただく場合もございますのでご了承下さい。

上記の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成されたものです。
極力、欠点なども含めて記事を作成しておりますが、なにぶん1時間程度の取材時間で作成したものですし、オーナーさんの中には問題点を把握していなかったり、不具合箇所がお話から漏れてしまう事もあるかもしれませんので、実艇の状態と違う箇所が存在する可能性があります。
また、整備履歴・修復歴や艇の状態などに関しては、中古艇ドットコムで裏づけを取ったものではありませんので、ホームページの内容は参考までにご覧いただき、必ず見学され、購入者本人の眼で確認の上、自己責任で購入をお決め下さい。
中古艇ドットコムより無理に購入を勧めることはございません。

エンジン関連

メーカー エンジン型式 6LY-UTZY  連続定格出力240馬力/3000回転
燃料種類 ディーゼル 搭載数 1基
船検証記載馬力 推進機器種類 ドライブ艇
巡航速度(参考) 約25ノット 最高速度(参考) 約30ノット
使用時間 8463

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

備品情報

航海計器
・GPS単体
 ホンデックス
・魚探単体
 ホンデックス7300Ⅱ 1~2kw位では、
備品
・発電機
 2kw
法定備品
・法定備品

コメント

平成8年に新艇として購入されたヤンマーおきかぜ37フィートです。



【この船についての説明】
スキューバダイビング用途として適しているこのボートを購入されたそうです。

ミヨシ部分のヤリダシ拡張とキール部分の改造(地元での通称キンタマ)がされております。

ダイバーを20名くらいは乗せられるそうです。

現在は体調の問題で、リピーター客相手程度で時々乗る程度だそうです。




【メンテナンス状況】
船底塗装は5~6月頃実施されたそうです

気になるところや消耗品は、ヤンマーで年一回は必ず点検整備を行っているそうです

ペラの亜鉛はそろそろ交換したほうがよさそうです

ペラの予備(中古)あるそうです。





【特筆すべき点】

スピードは30ノット

キャビン上部で操船可能



【船体について】
海上係留ということです

船底に一箇所補修跡があるそうです。
これは浅瀬で乗り上げたそうです。補修は造船所でしっかり直してあるので問題は無いそうです。




【所見】
現在の主要な稼動船として動いていないので、各部にメンテナンスが必要な部分が見られると思います。

一度船底を補修していますが、しっかり補修されているということで今後使うには問題ないそうです。

上記事項を勘案しても37フィートでこの価格は一考の価値があるのではないかと感じました。


ダイビングボートやドライブ艇でこのサイズの釣り船をお探しの方いかがでしょうか

見学について(お願い)
オーナー様の仕事の都合で、1月25日から3月10日頃までの間は見学できなくなりますので宜しくお願いします。

エンジンルームのオイルについて
掲載写真の43を見ると底にオイルがたまっていますが、エンジンなどの機関からのオイル漏れではないそうです。<br /><br />以前、4リットルのオイルタンクを置いておいたそうですがそれから漏れて全部拭ききれず残っているオイルとのことでした。

船底について
船底にはスロープでの上架が可能なように二本のスベリが付けてあるようです。係留中のため写真は撮れませんので様子は解りません。

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

「きんたま」がついています ダイバー20名程度大丈夫のようです今は12名登録 船に合わせた特注ラダーが付きます 漁探の振動子は船底貫通型の昇降式 アイドリングは370回転 回転窓は割れています 要修理 アクリル板にヒビ スパンカー ブリッジ上部の操船部 ハッチを開けて操船します ヒビが見受けられました エンジンからのオイル漏れではないそうです。追記にてご説明あり 海上係留の為現状はこのような感じです 救命胴衣など 船体の平面図

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!