おすすめ艇のご紹介

ヤマハ PC41

1,480万円

お知らせ・新着情報

2020/03/07
「部品・用品」のリンクを修正しました。
「部品・用品」のリンク先が間違っていましたので修正しました。
今まで部品・用品をチェックしようとして見えなかった閲覧者さま、大変失礼致しました。
2020/01/10
新着掲載艇情報欄を拡大しました。
出品の多い時期ですと、一日に何艇も新着情報に掲載されるので、出品したばかりの船がすぐに新着情報から消えてしまっておりました。
以前より、もう少し長く新着欄に新着艇の情報を掲載出来ないかとのご要望をいただいておりましたので、新着掲載艇情報欄を拡大致しました。

地場造船所漁船2011/07/25更新

売却価格:売却済み

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

商品名 地場造船所 漁船 (サイズ:60ft)
サイズ(実測値) 全長:18.00m 全幅:3.70m
登録年式 1978(昭和53)年 製造年式 1978(昭和53)年
航行区域 なし
船底塗装歴 なし
定員 次回船検 なし
取材 あり 出品エリア 静岡(中部)
注意事項 見学ご希望の方はメールかお電話にてお問い合せ下さい。
また、オーナーさんご多忙の為、 購入を前提にした方のみご見学お願いします。

中古艇ドットコムは個人売買となりますので、お約束をお守りいただけない方や、態度の悪い方は、オーナーさんの方よりお取り引きを、お断りさせていただく場合もございますのでご了承下さい。

上記の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成されたものです。
極力、欠点なども含めて記事を作成しておりますが、なにぶん1時間程度の取材時間で作成したものですし、オーナーさんの中には問題点を把握していなかったり、不具合箇所がお話から漏れてしまう事もあるかもしれませんので、実艇の状態と違う箇所が存在する可能性があります。
また、整備履歴・修復歴や艇の状態などに関しては、中古艇ドットコムで裏づけを取ったものではありませんので、ホームページの内容は参考までにご覧いただき、必ず見学され、購入者本人の眼で確認の上、自己責任で購入をお決め下さい。
中古艇ドットコムより無理に購入を勧めることはございません。

エンジン関連

メーカー エンジン型式 ヤンマー6XL-ET
燃料種類 ディーゼル 搭載数 1基
船検証記載馬力 推進機器種類 シャフト船
燃費/時間当り(参考) 燃料タンク容量 約4,600リットル
使用時間 不明

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

備品情報

フィッシングギア
・イケス
・スパンカー
備品
・魚槽
 大小複数あります 元カツオ釣り漁船の為

コメント

1978年(昭和53年)製造の漁船です。

三重県のハッコウ船舶産業KK製造の船のようです。

元はカツオの1本釣り漁船だったものを20年前に伊豆の金目漁用に改造したものです。

魚槽(氷槽)は充分な保冷のための断熱処理を施してあるそうです。


■実測で長さ18メートル  幅3.7メートルでした。

 幅は元の幅から2尺ほど広げたそうです。



■現在はダイナモが壊れているのでバッテリーへの充電はできません。


 エンジンの始動は現状のバッテリーを繋げばそのまま始動するそうです。


 エンジン自体はダイナモの不具合以外は現状では特に問題個所はないそうです。 


 *オーナーさん曰く「酷使しなかったのでとっても素性の良いエンジン」とのコメントをいただいております。



■また発電機は2.5kwのものが付いていますが、修理が必要とのことでした。



■現状でもエンジンは好調とのことですが既に1年半ていど海上係留のまま動かしていないので、消耗品などの

交換、船底清掃などの軽整備は必要かもしれません。



■船舶登録も抹消の状態なので再度発送の必要があります。


■現状での試走は出来ませんが、エンジン始動は可能とのことです。



◆船体について

両サイドの通路がふかふかの状態(ベニヤ板とFRPの剥離)なので手直しが必要かと感じました

エンジンについて
記事の内容を変更いたしました。

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!