お知らせ・新着情報

2022/03/08
今年もジャパンインターナショナルボートショー2022に出展します。
中古艇ドットコムは、今年もジャパンインターナショナルボートショーに出展予定です。

ボートショーに来られる方は、是非とも中古艇ドットコムブースにお立ち寄り下さい。
2020/03/07
「部品・用品」のリンクを修正しました。
「部品・用品」のリンク先が間違っていましたので修正しました。
今まで部品・用品をチェックしようとして見えなかった閲覧者さま、大変失礼致しました。
2020/01/10
新着掲載艇情報欄を拡大しました。
出品の多い時期ですと、一日に何艇も新着情報に掲載されるので、出品したばかりの船がすぐに新着情報から消えてしまっておりました。
以前より、もう少し長く新着欄に新着艇の情報を掲載出来ないかとのご要望をいただいておりましたので、新着掲載艇情報欄を拡大致しました。

ミヤマMF230Ⅱ2022/05/05更新

売却価格:商談中

エンジン始動しますがジャンク扱いでお考え下さい。

お気に入りに追加

複数ページで印刷する

1ページで印刷する

基本情報

商品名 ミヤマ MF230Ⅱ (サイズ:23ft)
サイズ(船検証) 全長:6.17m 全幅:2.34m 全深:1.08m
登録年式 1991(平成3)年 製造年式
航行区域 限定沿海
船底塗装歴 あり
定員 6人 次回船検 中間検査(2024年05月14日)
清水タンク容量 保管状態 係留
取材 あり 出品エリア 神奈川(関東)

エンジン関連

メーカー ボルボ・ペンタ社 エンジン型式 TAMD31
燃料種類 ディーゼル 搭載数 1基
船検証記載馬力 105馬力 / 3,250rpm(回転数) 推進機器種類 ドライブ艇
使用時間 不明
※記載の時間はアワーメーターに表示されている数字を表示しており、中古艇ドットコムでは実使用時間かどうか一切の確認を取っておりません。船によっては実際の使用時間と大きく異なる可能性もありますのでご注意下さい。

※上記に表示されたモデル名・サイズ年式・エンジン仕様・エンジン馬力・燃料種類・速度・燃費などの数値は、中古艇ドットコムで確認を取ったものではありません。オーナー様からいただいた情報を基に記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや勘違いの可能性もありますので、あくまでも、参考までにご覧いただき、最終的には自己判断にてご購入をお決め下さい。
※使用時間は、メーターの表示時間を記載しております。あくまでもメータの表示時間ですので、実際の使用時間を補償するものではありません。
※巡行速度・最高速度に関しては、オーナー様からお聞きした速度を記載しておりますが、オーナー様の記憶違いや、船の状態により記載されたスピードが出ない可能性もあります。あくまでも参考までにご覧下さい。燃費やタンク容量などの数値に関しても同様です。

コメント

1991年(平成3年)5月15日 国内新造進水登録のミヤマ MF230Ⅱです。

内外装を含めて状態は年式相応だと思います。
年配のオーナーさんの為、ここ1年以上乗っていないそうです。

エンジンは始動性も良く、一見問題無さそうでしたが、あくまでも陸上で短時間での始動確認のみとなりますので、購入後のメンテナンスは必須です。
少なくともオイル交換・インペラ交換・その他点検などのメンテナンスは必須となります。

この艇は神奈川県三浦市のマリーナに上架保管してあります。

動画を見る

ハル周りの動画です。
ガンネル周りの動画です。
船底周りの動画です。
デッキ周りの動画です。
エンジン始動動画です。 撮影時、水洗キットがマーキュリー用のモノしか無かったので、念のため水洗キットを装着し、水は出してありますが、短時間の始動確認のみとなります。

掲載艇写真

下記の写真いずれかをクリックすると、大きなギャラリー画面でご確認頂けます。ギャラリー画面のアイコンは下図の通りです。

上記ボタン、又は余白の黒背景(どこでも可)をクリックで元の画面に戻れます。
左右の矢印クリックで次の写真へスライドします。
下に並んでいるサムネイル(小さい写真)を消したい場合
写真の一部分を拡大、または縮小したい場合にクリックしてください。
写真を拡大しすぎた場合に、元の写真の倍率(等倍)に戻します。
クリックすると、写真を自動で次に送るスライドショーが開始します。1枚の写真表示は5秒程度です。
ギャラリーを全画面モードで閲覧できます。もう一度クリックすると元の画面モードに戻ります。
表示している写真をダウンロード(自分のパソコンへ保存)します。
写真の権利は撮影者にありますので、他のウェブサイトへの無断掲載はお止めください。

外観全体

ハル周り

ハル周りは年式相応な感じです。
使用にともなう小キズや線キズ、カラー部分の色あせやラインステッカーの劣化なども目につきます。

一番目につくキズは、船首近くの右舷側(船底塗装のちょっと上辺り)のFRPの破損です。
その他、修復が必要な大きな破損は見らえませんでした。

ガンネル周り

ガンネルも年式相応の使用感だと思います。
各部にそれなりに擦れなども見られますが、修復が必要な大きな破損部分は見られませんでした。

船底周り

船底周りは、年式の悪いに状態は良いと思います。
上架保管が長かったのか、塗装の塗り重ねによる凸凹も見られず、状態は良好です。

船底の一番下(キール部分)に1カ所FRPの割れが見られました。
大きなモノでは無く、また進水するようなキズでありませんが、係留して乗られる方は補修する必要があると思います。

ドライブ周りも、外観から見る限りでは、腐食や葉損も見られず、問題は無さそうです。

デッキ周り

デッキ周りは、FRPの状態は全体的に良さそうで、腐りや大きな破損は無さそうです。
ただ、1年以上オーナーさんが乗っていないだけに、かなり汚れが目に付きます。
全体的に状態は悪くないだけに、一度本格的に洗ってあげると見違えるのでは無いかと思います。

操船席周り

室内(前方室・オーナーズルーム等)

エンジン周り

エンジンはボルボのTAMD31の1基掛けです。
外観の状態はそれほど悪くなりませんが、オーナーさんはここ1年以上乗っていないそうですので、購入後のメンテナンスは必須となります。
後述のようにエンジンの始動は問題ありませんでしたが、試乗は行っておりませんので、ターボの固着やその他の不具合がある可能性もあります。

テスト的にエンジンの始動を行いましたが、始動性は良く、セルを回した途端に全く問題無くエンジンは掛かりました。
撮影時水洗キットがマーキュリー用のモノしか無かったので、(念のため水洗キットを装着し、水は出してありますが)短時間の始動確認のみとなります。

因みにバッテリーは要交換です。
始動確認の際も、外部バッテリーを繋げて始動しております。

お問い合わせ先ご質問や見学のお申込は担当までご連絡ください!

[神奈川エリア] 景山(かげやま)

神奈川東部及び南部を中心に活動しております景山(かげやま)です。 まだ売却するか決めかねている際の問い合わせだけでも結構です。 お気軽にご相談下さい。

詳細はこちら>>