最新記事

南国土佐で雪遊び!

2018/02/02 22:10

カテゴリ: 担当者の独り言  担当者:藤原(ふじはら)

今日は朝から各局が関東地方の雪情報で大騒ぎでしたが、高知県も山間部では大雪です!

多くの皆さんから高知県は雪が降らないと思われている方が多いようですが高知市内から少し山間部へ走ればパウダースノーの林道遊びも出来ます。



▲ページの先頭へ戻る

秋の台風!

2017/10/19 22:10

カテゴリ: 担当者の独り言  担当者:藤原(ふじはら)

昨日今日、全国的の今年一番の冷え込み。
南国高知でもガソリンスタンドで灯油を買ってる人を見かけたかと思えば、港では台風避難、対策をされている方。
この週末は各地で台風による大雨も予想されております。
各地で被害が出ない事を願うばかりです。

平成29年10月19日 22時時点の台風予想図です。

▲ページの先頭へ戻る

自家用艇にレストアしてます!

2017/06/27 17:05

カテゴリ: 船いぢり  担当者:藤原(ふじはら)

6月上旬にヤマハWー30CFを手に入れて色々な方々からのお力添えを頂きレストアしています!
船体はキズをパテで埋めて全塗装も済んでキレイになったので次はエンジンなのですが新品に踏み切れず中古エンジンを模索中です。(汗)
レストア作業、久しぶりに行っていますが結構な労力で体力も気力もハンパないです。
その分、キレイになっていく姿に自己満足して見入いって手が止まってしまいますが。。。(笑)

▲ページの先頭へ戻る

小型船舶検査機構 高知支部が撤退して早一年が経過しました。

2017/02/18 01:01

カテゴリ: 担当者の独り言  担当者:藤原(ふじはら)

小型船舶検査機構高知支部が松山支部、高松支部と統合されて早一年が経過しました。
現状、宅配便などでの書類のやり取りなど、正直、不便になった部分もあります。

平成27年末に高知支部撤退しました。
しかし、高知支部から松山、高松へ転勤になった職員さん、撤退する際に数ヶ月前から準備の為に高知と松山を行き来された松山支部支部長、両支部の職員さんの迅速丁寧な対応で現状、当初の予想よりスムーズな名義変更、検査業務を行って頂けております。

その様な事から感謝の意味も込めて近くを通ったので松山支部支部長に手土産も持たずアポなしでお会いしに寄ってみました。(笑)
運良く出張前で支部長も、いらっしゃって最近の松山、高知エリアの動きなどのお話もお聞きさせて頂けました。

懐かしい、旧高知支部の職員さんのお顔も拝見できました。
未だ高知の方々で高知支部が無くなった事で困惑されているお話もお聞きしますが、松山支部も高松支部も凄く親切に対応して頂ける職員さんばかりなので気軽に相談してみて下さい。



お土産も頂きました!(笑)



どうしても、ご自身では面倒だと思われる方は中古艇ドットコム高知・松山エリア担当には専門の海事事務も居ますので、ご相談ください。

▲ページの先頭へ戻る

残暑お見舞い申し上げます。

2016/08/25 23:11

カテゴリ: 担当者の独り言  担当者:藤原(ふじはら)

こちら四国も夏の一大イベント、高知のよさこい祭り、徳島の阿波踊りも終わりました。
しかし、まだまだ猛暑日が続いております。
今年は四国地方、現段階で台風の接近が0個です。
何か例年の夏と違う様な気がします!?
皆さん、急な台風の発生、接近にも慌てる事なく対応できる様に準備しておきましょう。
と、言いながら私も艇へ持って行こうと思いながら準備しているフェンダーが未だガレージに転がっています。(汗)



写真は島崎和歌子さんとカツオ人間です!(笑)

▲ページの先頭へ戻る

四国地方も梅雨明けでしょうか?

2016/07/02 22:10

カテゴリ: 担当者の独り言  担当者:藤原(ふじはら)

本格的なマリンスポーツのシーズンになりました。
私、藤原は中古艇ドットコム業務と並行して潜水業務に従事しております。
今日、潜水業務で使用したボートのスイミングステップ、ラダーが上がり辛かったのでスイミングステップ、ラダーについて触れてみます。
中古艇ドットコムに出品して頂く艇にもスイミングステップ、ラダーが装備されている物が多くあり嬉しい装備でもあります。
そこで、皆さん、ご自身の艇のスイミングスッテプ、ラダーを使用された事がありますか?
実際に使ってみるとパワーと気力でイッキに上がる系、ゆっくり楽に上がれる系があります。
釣りしかしないから使用しないと言われる方も居ると思いますが、ゲストや家族を招いての海水浴、シュノーケリング、不慮の落水など、実際に使ってみて良し悪しを体感する備品です。
ゲストや、お友達が又は、不慮の落水時に初めて使うでは無く事前に是非、お試しください。
スイミングステップ、ラダーが装備されて無い方も、自身の体力や気力と相談しながら自艇に、どうやって上がるのか見直されては如何でしょうか?
冷静に判断、対処すれば意外に多くの上がり方もあります。
パニックになれば上がれる物も上がれ無くなります。
何かマリンスポーツから不慮の落水時に対策するような流れになりましたが、理由はともあれ海面から自艇に上がる事も大切なセルフレスキューの、ひとつだと思います。

▲ページの先頭へ戻る

« 前へ 1 次へ »

担当者ブログ

前田(まえだ)

和歌山エリア担当

田中(たなか)

愛知・三重・滋賀・福井エリア担当

菅原(すがわら)

甲信越・北陸(東)エリア担当

光山(みつやま)

広島・島根エリア担当

南(みなみ)

熊本エリア担当

石田(いしだ)

和歌山エリア担当

景山(かげやま)

神奈川エリア担当

北川(きたがわ)

岡山・鳥取・徳島エリア担当

藤原(ふじはら)

高知・愛媛エリア担当

佐藤(さとう)

北関東エリア担当

菱田(ひしだ)

沖縄エリア担当

光嵜(こうざき)

愛知・三重・滋賀・福井エリア担当

石山(いしやま)

福岡・佐賀・大分エリア担当

三澤(みさわ)

大阪・兵庫・京都・福井エリア担当

長谷川(はせがわ)

神奈川西部・静岡東部エリア担当

本郷(ほんごう)

東京・千葉エリア担当

内木場(うちこば)

鹿児島エリア担当

三浦(みうら)

大分エリア担当

RTマリーン(アールティマリーン)

宮崎エリア担当

西川(にしかわ)

山口エリア担当

菅(すが)

広島・山口エリア担当

西村(にしむら)

東京エリア担当

DSS MARINE(ディーエスエスマリーン)

香川・愛媛エリア担当

中古艇ドットコム(ちゅうこていどっとこむ)

広報担当

本山(もとやま)

福岡・佐賀・大分エリア担当